73098 normal 1523232646 26382313493 02c46edf85 z

Oracle Dev Tour Japan in Okayama

Fri, 11 May 2018 19:00 - 21:00

Okayama prefectural library

岡山県岡山市北区丸の内2-6-30

Register
¥500 at the door
There is room for 26 more people

概要

http://nighthacking.com/

5/17のJava Day Tokyo 2017にあわせ、米国のJavaユーザを代表する2人の技術者が、日本をバイクで周りながら、各地のJUG(Javaユーザグループ)とともに勉強会を開催します。ぜひご参加ください!

セッション内容

JDKリリースモデル変更とJava EEのオープン化/Eclipse Foundationへの移行 <20min>

Speaker - 日本オラクル株式会社 伊藤 敬

昨年9月、Java SE 9とJava EE 8の提供開始と合わせて、今後のJavaの方向性に関わる大きな発表が2つありました。
このセッションではその2つの発表 - JDKリリースモデル変更とJava EEのEclipse Foundationへの移行、EE4Jプロジェクトの設立について、その内容をご説明します。

Get ready for a cloud native, service-meshed Java EE <40min>

Speaker - Sebastian Daschner(Java Champion)

※当セッションは英語のみです。通訳はありません。

Java EE、クラウド・ネイティブとサービス・メッシュ?なんだかしっくりきませんね。
モダンでクラウドネイティブなJavaベースのエンタープライズアプリケーションでスケーラビリティやモニタリング、トレーシング、ルーティングへの不安を払拭することは可能でしょうか?
自らによるそれらの実装なしに?もしそれができたとして、どうやったらできるのでしょう?
このセッションでは、モダンでクラウド・ネイティブであり、かつJava EE 8やMicoroprofileを活用したJava EEアプリケーションの構築についてご紹介します。ライブコーディングによってKubernetesとIstioで管理されるアプリケーションのメッシュをご覧いただきます。よく懸念の対象となる、管理やモニタリング、トレーシングなどを無駄のない方法で統合していきます。
どのようにクラウドネイティブ・テクノロジーが従来の我々が利用してきたスタックと統合され、いかにコンテナ・オーケストレーションやサービス・メッシュがJava EEテクノロジーとうまく融合するかをお見せします。全てをライブコーディングと解説とでご覧いただきます

Decrypting Tech Hype for the Busy Coder(いそがしい開発者のための技術トレンド解説) <40min>

Speaker - Stephen Chin(Oracle Corporation)

※当セッションは英語のみです。通訳はありません。

新しいテクノロジー・トレンド、開発手法、開発ツールは毎日のように登場しています。
もしあなたがそれらを活用しなければ、あなたには[Depricated][レガシー][時代遅れ]などのタグが付与されるでしょう。
このセッションでは、ブロックチェーン、チャットボット、AI、機械学習、CIパイプライン、マイクロサービス、Dockerコンテナ等々の最新トレンドをわかりやすく端的に解説します。この40分で、あなたはソーシャルニュースに投稿する人たちよりも詳しくなります。ツイートを見て物事を知る、なんていうこともなくなるでしょう。
是非ご参加ください!

注意事項

  • 開場は18:45からです。
  • 会場は飲食は可能ですが、ゴミは各自でお持ち帰りください。
  • 21:00には完全退出できるよう、ご協力をお願いいたします。
About this community
Okayama Java users group

Okayama Java users group

岡山Javaユーザ会は、Javaやこれを取り巻く周辺技術について、岡山やその近辺のIT技術者のための勉強会を実施している、ユーザ主導のコミュニティです。

Join community